FC2ブログ

江戸川区では、学区を越えて越境通学する場合の受け入れ人数を公表しています。

来年進学するお子さんがいらっしゃるご家庭では、
小中学校の入学手続を心配されていらっしゃる事と思います。

特に、学区を越えて通学することになる場合、
受け入れてもらえるかどうかというのは不安ですね。

都市伝説というか、一般的に言われているのは
現在通学中のお子さんが学区外に引越した場合は、
元の学校に通学できるものだ、みたいな話は聞きますが、
やはりそれぞれの学校にきちんとお問合せをして頂ければと思います。

また、まるっきり学区外から越境する場合、
江戸川区が目安人数を公表していますので、御参照下さい。

平成30年度入学 通学区域外からの受入れ可能数一覧表

葛西エリアは人口が多いせいか、学区の範囲が狭いです。
希望する学校の学区内に、希望するマンションが無い場合は
越境通学させようという親心でしょうか。

スポンサーサイト

葛西の南側は海だったんですか?西葛西の南の方は、ハッキリ海だったんですねぇ~ #でも葛西では液状化現象は起きてませんよ #埋立地 #葛西

このところ、御来店のお客様から3組ほど続けて、
「地震が心配」「3.11の時はどうでしたか?」という話題が出ました。
正直、震災の話題が出るのは久々でした。

当時の状況としては、
「葛西」という地名の付いている場所では液状化現象はみられませんでした。
むしろTVで浦安の惨状が繰り返し報道されていたのを記憶しています。

また、浦安より震源から遠い位置にある
江東区の方で液状化が発生していたのも、
意外な感じがして印象的でした。

というわけで、「埋め立てられた場所は?」と聞かれたときの答を探していたんですが、
よく言われるのが、
「東西線の線路があるあたりは地面があったようですよ」という答え方。
それより南側はどうなんでしょうか。

江戸川区では、昭和40年代頃の写真を掲載していますので、
過去と現在、という比較ができます。

江戸川区のHPで葛西海岸堤防(昭和42年=1967年撮影)の写真を見ると、
西葛西の南側は海だったんだな~、というのが明確に分かります。

そのまま「地図を見る」をクリックすると、
こんな地図が表示されるので、道路が書いてないあたりが
そのまま埋立地なんだな、と分かりやすいですね。
map5.jpg

江戸川区の区長さん、板橋区の区長さん

都内23区には、各市町村と同じように区長さんがいらっしゃいます。
江戸川区でしたら江戸川区長で、
2017年9月現在「多田正見(ただまさみ)」さんです。

こんな方です。
kucho-haneda2.jpg
羽根田選手とツーショット
リオ五輪カヌー・スラローム銅メダル 羽根田選手が江戸川区を訪問(2017年1月18日)

kucho-koike2.jpg
小池知事と並んで歩く
ラムサール条約湿地への登録を目指している葛西臨海公園干潟を視察(2017年8月23日)

普通ですね。





さて、自分は特に区長フリークなつもりは無いのですが、
先日みた写真のインパクトが大きかったので、
御紹介したいと思います。


板橋区長がデカい!
kucho-itabasi2.jpg
いたばしプロレリング代表はやてと鈴木心が板橋区役所区長室を訪問(2017年2月21日)

中央のひときわ背が高い男性が板橋区長です。

いたばしプロレスの現役レスラーと並んでも、こんなに違う。


学生時代にバスケの選手だったとか、
バレーボールでは板橋選抜だったとか、
その辺の詳細はプロフィール欄を見ても不明なのですが
とにかくデカい。

もうね、オチも何も。
板橋区長の出オチというか。


そういう突出した特徴があるって、いいですね。
足が速いとか、対人プレーが強いとか、
サッカーでも特色ある選手が切り札になりますからね。
(むりやり関連づけた)

葛西は風があって、過ごしやすいですね~、と言われました。連日の暑さの中、ふと気持ちが涼しくなりました。

連日の猛暑日、熱中症搬送、高温注意報などで、
お天気情報を見ていると赤い画面を見る事が増えました。

そんな中、弊社のおつきあいのある大家さんで、
江戸川区外にお住いの大家さんとお話しする機会がありました。

話題はやっぱり「暑いですね~」から始まるわけですが、
その中で「葛西は海が近いせいかしら、今日は風があって少しでも過ごしやすいですね」と言われました。

自分も以前に内陸地に住んでいた時期があるので、
海が近いエリアは、蒸し暑くても風がある、空気が動く実感はありましたが、
こうして、口に出していって頂けると、改めて認識というか、ホッとしますね。


これから8月を迎えるわけですが、
蒸し暑いのは熱中症に直結する時代です。
皆様も、お身体をお大事になさって下さい。

葛西駅前の駐輪スペース、地下駐輪場のことを紹介します。

東西線葛西駅を降りると、環七がドーンと通っていて、
見通しが良い、道路に沿って割とビルが建ち並んでいる。
そのせいかチョイチョイ「葛西って意外と拓けているんですね」と言われます。



逆に、「駅前に自転車置場は無いのですか?」と聞かれることもあります。




はい、あるんです。
むしろかなりの規模の駐輪スペースがあるんです。


だいたい、全国的に駅の駐輪場って、
1日100円で、1ヶ月とか3ヶ月などで定期契約もできることが多いと思います。

葛西駅の駐輪場も同様に、1日貸しや1ヶ月契約ができます。
詳しくはこちらを御覧下さい。(江戸川区HP)

地図はこちらでも紹介されています。

屋根下、または地下駐輪場は、学生さんなら3ヶ月で2,780円ですから、
1日貸しで1ヶ月借りるのより安いですね。


お部屋探しで当然ですが、
お家賃と立地の兼ね合いで悩まれるお客様も多く目にします。

自転車前提で考えられれば、立地の選択肢が広がったり、
徒歩より移動時間が短縮できたり、寄り道の幅も広がりますので、
是非御検討頂ければと思います。

プロフィール

sekimanblog

Author:sekimanblog
初めまして(^^)
関萬企画(セキマンキカク)です♪

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム